スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大丈夫ですか?歯肉炎 <(´Д`)>

テレビCMなどで耳にする「大人の約5割、小学生の約4割が歯肉炎」というフレーズ

今回はその歯肉炎について簡単にお話をします



症状

・歯ぐきが赤い
・歯みがきをするとすぐ血が出る
・ぷくぷくと丸みをおびている(腫れている)

では、どうして歯肉炎になってしまうのでしょうか
まずは、ご自分やお子様の生活を振り返ってみましょう




以下の項目に当てはまることはありませんか???

□歯みがきは、正直ササッと…で終わってしまう
□甘いものが大好き
□おやつの時間は特に決まっていない
□炭酸飲料やジュース、スポーツドリンクを頻繁に飲む
□歯みがきの指導を受けたことがない
□気がつくと口で息をしている(または鼻炎などが原因で鼻呼吸が困難)


食事やおやつを摂るたびに、お口の中ではプラークという細菌が食べかすや飲み物をエサにして増えます。
プラークはむし歯の原因になるだけでなく、歯ぐきにも悪さをします
そのため、毎日の歯みがきをきちんと行わないと、歯ぐきが腫れたり歯みがきのときに出血を引き起こしたりします



歯肉炎をなおすには

まず、歯みがきの仕方&食生活を見直しましょう

歯肉炎は歯みがきで改善します

ぶた 歯磨き



歯ブラシによる「治療」を始めれば、ほとんどの場合1~2週間で歯ぐきの炎症は落ち着きます
歯みがきの方法は、歯科医院でアドバイスを受けるとなお良いでしょう
※大人の方の場合、1~2週間で歯ぐきの腫れが落ち着かない場合は歯槽膿漏(歯周炎)の可能性がありますので、歯科医院を受診しましょう。


また、食事は好き嫌いをせずバランスよく摂りましょう

歯肉炎に限らず、むし歯予防のためにもおやつのダラダラ食いは控えて、時間と量を決めて食べるようにしましょう


BY 歯科衛生士 T
スポンサーサイト

おやつのお話☆(^皿^)ゝ

定期的なチェックや日常の歯みがき以外に、
おやつの選び方でもむし歯になるリスクを抑えることができます


お菓子のパッケージの裏にある成分表を見てみましょう


むし歯になりにくい甘味料

還元水飴
マルチトール
ソルビトール
キシリトール
パラチノース
エリスリトール
ステビア
アスバラテーム
サッカリン



g9_2.gif
また、こちらのマークがついたものであればより安心です



むし歯になりやすい甘味料

砂糖
水飴
果糖
麦芽糖
ブドウ糖




ただし砂糖は脳が働くための大切な栄養です

ですので、おやつをすべてむし歯になりにくい甘味料に代えるわけにはいきませんね


長時間お口の中に入るキャンディ類などには注意が必要ですが、
おやつとうまく付き合って、むし歯の予防に気をつけましょう

当然のことですが、むし歯の予防には日常の歯みがきがきちんとできていることが大前提です

その他、おやつのだらだら食いやバランスのよい食事などにも気をつけていきましょう
いくつになってもおいしく食事をとりたいですね


By 歯科衛生士 T 

東北魂&歯科レントゲンについて。

この度の東日本大震災により被災された方々、そのご家族の皆様に心よりお見舞い・お悔みを申し上げます。

お陰様で、当クリニックも3月19日(土)~ ほぼ通常どおりの診療を行わせていただくこととなりました。


月並みな言葉ではありますが、一日も早い復興に向けて前へ進んでいきましょう




今回は、歯科治療のレントゲンについてのお話です


肉眼では見えない部分を確認できるレントゲンは、歯科治療ではとても重要な役割を果たします。

連日の報道でご存じの通り、「放射線」と聞くと怖いイメージが強くなっていると思います

しかし、放射線は自然界にも存在しているため、年間を通して放射線を浴びていることになります。


※ちなみに日常生活で自然に浴びる放射線が、日本の場合平均約1.5mSv(ミリシーベルト)といわれています。


基本的に、放射線の測定にはSv(シーベルト)と言う単位を用います。
1Sv(シーベルト) = 1000mSv(ミリシーベルト)です

歯科のレントゲンは、
小さいレントゲンで1回 0.016~0.039mSv(ミリシーベルト)
顎全体が写る大きなレントゲンでも 約0.04mSv(ミリシーベルト)です



つまり、小さいレントゲン写真を1枚撮影しても、自然界に存在する放射線の100分の1程度に過ぎません



歯科でのレントゲン写真からは、とても多くの情報を得ることができます。

たとえば…
歯と歯の間など細かい部分にできたむし歯や、歯を支える骨やまわりの組織の状態などはレントゲン無しでは診ることができません


胎児に影響が出ると言われている被爆量は約100mSv(ミリシーベルト)といわれていますが、小さいレントゲン写真の被爆量はその数万分の1です。
妊婦の方でも歯科のレントゲン撮影はほぼ問題にならないと考えてよいようです。
それでもどうしても心配だという方は5~7ヶ月の安定期で行うのがよいでしょう
また、急を要する治療でなければ出産後、落ち着いてからでも問題ないかと思われます


※当院ではデジタルレントゲンを使用しています。デジタルレントゲンは従来のアナログのものより5分の1~10分の1の放射線量で撮影できるのでさらに安心です。


がんばろう!東北!
by 歯科衛生士 T

妊娠中の歯科治療 U^Ι^U♪

妊娠中は、ホルモンバランスの変化やつわりの影響で、お口の中の健康を保ちにくい状態になります
そのため、お口の中の状態を歯科医院でチェックすることがより重要です


基本的には妊娠中でも歯の治療は受けられますが…


妊娠初期(~4か月)

赤ちゃんのからだがつくられるとても大切な時期です
原則として、治療は避ける時期となります
痛みのある場合は、応急処置程度にとどめます


妊娠中期(5か月~7か月)
いわゆる「安定期」ですので、赤ちゃん・お母さんへの負担が最も軽い時期です。
この時期が治療に適しているといえるでしょう



妊娠後期(8か月~10か月)

仰向けの姿勢は、お母さんへの負担が心配されます
治療は可能ですが、なるべくなら避けた方が無難かと思われます。


妊娠中期であればレントゲンの撮影は可能ではあります。
しかしやはり、できるだけレントゲン撮影は避けるに越したことはないでしょう。
治療上どうしても必要な際に限り、妊娠4か月以降の安定期に、防御エプロンを使用して撮影することもあります。


麻酔や飲み薬(痛み止め・抗生物質)に関しては、胎盤を通して胎児に取り込まれる心配はほとんどないといわれています。
しかし、赤ちゃん・お母さんのからだのことを考えると、薬剤の使用も最小限あるいは使用しない方がより安心かもしれません。

※抗生物質に関しては、妊娠8週以内は避けたほうがよいでしょう。
 


妊娠中の治療やクリーニングをご希望の際は、

まず
妊娠していること
妊娠週数
出産予定日
  
 …を必ず告げましょう

そして、ご自身のお口の中の状態を知った上で、歯科医師と治療の時期や期間などを相談していきましょう



赤ちゃんのためにも、お母さんのからだの健康はもちろん、お口の中の健康を維持していくことも大切です。
バランスのよい食事を摂り、常にお口の中を清潔に保ちましょう


BY 歯科衛生士 T

親知らずがはえてきた!!! (°Д°)≫

奥歯のあたりがムズムズするなあ…
時々奥歯のまわりの歯ぐきが痛いかも?


親知らず むずむず




…と思っていたら、親知らずがはえてきた!
抜いたほうがいいのかもしれないけど、怖い!

とお考えの方は少なくないと思います。


ですが、「親知らず=必ず抜歯をする」というわけではありません。
親知らずがあることによって、

お口の中に問題が起きている時、

または問題が起きる可能性が高い時

に抜歯を検討するようになります。



例えば……

親知らずの周りの歯ぐきの腫れ・痛みを頻繁に起こすとき
親知らず 歯ぐきの腫れ
中途半端に生えている親知らずの周囲は、汚れがたまりやすい状態です。
汚れ=ばい菌 ですので、歯ぐきに炎症を起こしやすくなります。
短期間に腫れや痛みを繰り返すときは、抜歯をしたほうがよさそうですね。

※痛みがある場合は親知らず周囲のばい菌を洗浄したり、お薬を使ったりして痛みを落ち着けてから抜歯をすることがほとんどです。







親知らずやその手前の歯がむし歯になっている(なりやすい)とき
親知らず むし歯

ばい菌がたまりやすい→むし歯のリスクが高くなります。
親知らずのむし歯が大きく、むし歯自体の治療が困難な場合には抜歯を考えます。
親知らずがむし歯ではなくても、手前の歯に悪い影響を及ぼす場合は、その歯を守るために親知らずを抜歯するときがあります。






歯並びに影響がでるとき
親知らず 押される

親知らずは生えてくるスペースが足りないと、他の歯を押して出てくるときがあるため、歯並びを乱してしまうことがあるようです。
歯並びを守るために親知らずを抜くこともあります。







歯ぐきを噛んでしまうとき
親知らず 歯ぐきを噛んでしまう

上か下、片方しか生えていない場合です。
まっすぐ生えてきたとしてもかみ合わせる歯がない場合には、奥歯の後ろの歯ぐきを噛んで、炎症を起こすことがあります。
何回も噛んでしまうときは抜歯を検討しましょう。





…などなど、
理由は様々です。

親知らずが生えてきても、お口の中や日常生活に支障をきたさなければ基本的に抜歯の必要はないでしょう

ただし
親知らずの状態は時間の経過と共に少しずつ変化します

痛みが出たり、気になる症状があれば早めに歯医者さんでのチェックを受けて、確認することが大切です


BY 歯科衛生士 T


ブログの更新がかなり遅くなってしまいましたが、来年もどうぞよろしくお願い致します
皆様、よいお年をお迎えください
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。