スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯石ってどうしてつくの?

zs-s.jpg
歯石は、磨き残したばい菌(プラーク)が、唾液中のカルシウム成分によって硬くなってしまったものです。


歯石自体は、歯や歯ぐきに悪さはしません。
ではなぜ取らなければならないのでしょうか??


歯石の表面はザラザラしています。
そこに細菌が付着し、毒素を出して歯ぐきに悪さをするのです。
具体的には、歯肉炎・歯周病・口臭などの原因になります。


歯石はどんなに歯ブラシで磨いても落とすことはできません。
また、どんなに丁寧に磨いても日常のブラッシングだけでは
ばい菌は完全に落としきれません。


そのため、歯科医院で定期的な全体のチェック&クリーニングを継続していくことが大切になるのです。



by 歯科衛生士 
スポンサーサイト

theme : 歯科治療
genre : ヘルス・ダイエット

カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。