スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯の着色・変色`m(゜Д゜)m´´

CMなどでもよく耳にする「ステイン」これは単純にいえば歯の着色汚れです
ステインは、市販の専用歯みがき粉でも完全には落とせません

歯の着色・変色についてはさまざまな原因が考えられます
また、もとの歯の色(その方の理想とする歯の色)にできる場合とできない場合があります

基本的に、着色であれば歯科専用の機械などを使って落とせる場合がほとんどです
歯そのものの変色に関しては、残念ながら歯ブラシや機械を使っても色は変わらないので、他の手だてが必要になります。(ホワイトニング、ホワイトコート・・・etc.)

buta.jpg



クリーニングで落とせる「着色」「歯石」

茶しぶ・たばこ・コーヒー・紅茶などの着色汚れ(=ステイン)
食べ物・飲み物・喫煙による歯への着色は、摂取する量が多ければ多いほど歯の表面にそれらの色素が沈着します
ステインそのものはむし歯や歯周病の直接の原因にはなりませんが、見た目の問題・ザラつきなどが気になるかと思います
これらは歯ブラシではほとんど落とせませんが、歯科専用の機械で落とすことができます

※たばこのヤニに関しては、付着が多い場合完全に除去できないことがあります


歯石の付着
歯石は、みがき残したばい菌が唾液中のカルシウム成分によって固まってしまったものです
歯科専用の機械でないと、除去することはできません







クリーニングでは落とせない「変色」

加齢
年齢を重ねるに従い、歯の表面のエナメル質は加齢とともに透き通り、中の象牙質がよく見えるようになり、歯が黄色っぽく見えます
また、エナメル質の表面に細いヒビが入り、そこに食物などの色が沈着して茶色い線が入ることもあります加齢とともに自然に起こる症状でもあるようです


歯の神経が死んでいる、または歯の神経をとった
むし歯や打撲などが原因で神経がダメになってしまった場合は、残念ながら神経をとる必要があります
神経を取る場合、歯に栄養を送るための血管も取らざるを得ないため、内側から徐々に茶色くなってきます




その他、変色の原因としては
妊娠中や子供の時に飲んだお薬(テトラサイクリン系の抗生物質)の副作用
エナメル質形成不全
  …歯の表面の硬い組織「エナメル質」が弱いorまったくない(原因ははっきりしていません)
むし歯になっている
歯がすり減って、中の組織が見えている




要因はさまざまですが、ご自身の歯の色が気になるときは歯科医院で相談するとよいでしょう


BY 歯科衛生士 T 
スポンサーサイト
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。