スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼むし歯の進行(´Д゜)▼▼

今回は、むし歯の進行・治療についてをかんたんにご紹介します

CO(シーオー)
いわゆる「要観察歯」です。
歯の表面のエナメル質が、むし歯のばい菌によって溶かされている状態です。


CO.jpg


症状
無症状であることがほとんどです。

見た目の変化としては、
かみ合わせの溝の部分が黒(茶色)くなっている
歯の表面が白く濁っている
などです。
穴があいていなければ、削ってつめたりなどの必要はありません。

治療
フィッシャーシーラント、フッ素塗布 etc.




C1
むし歯が歯の表面のエナメル質の範囲内のものです。
残念ながら穴があいてしまっているものの、むし歯としては初期の段階です。


C1.jpg


症状
ときどき冷たいものがしみたり、まったく症状がなかったり…

治療
フッ素で経過観察
むし歯のばい菌をきれいにしてから、歯科用のプラスチック(コンポジットレジン)で穴をふさぐ
※原則的にC1はフッ素塗布で経過観察ですが、むし歯のできた場所や範囲によっては治療が必要となります。



C2
むし歯が歯の中の象牙質まで進んでしまったものです。
象牙質は、エナメル質の下にある組織で、少しやわらかい部分です。

C2.jpg


症状
冷たいものがしみたり、痛みを感じることもあります。

治療
むし歯のばい菌をきれいにしてから、歯科用のプラスチック(コンポジットレジン)で穴をふさぐ
※治療中、しみるときは必要に応じて麻酔を使います。
範囲が広い場合など、状況次第では型をとって銀歯をつめることもあります。




C3
むし歯が進行して、歯髄(歯の神経)まで達してしまったものです。


C3.jpg


症状
冷たいものだけでなく温かいものがしみる
夜眠れないほどズキズキと強い痛みが出る  etc.

治療
むし歯の部分をきれいにする→根の治療(神経をとる)→プラスチックをつめて、型をとる→金属の歯(銀歯)をかぶせる
※根の治療…神経にまで達したむし歯のばい菌を、何回か消毒します。



C4
むし歯がさらに進行して、歯の頭の部分(歯冠部)が崩壊して根だけ残った状態です。

C4.jpg



症状
神経がダメになってしまっているため、痛みなどの症状が比較的落ち着いていることが多いようです。
根の先で炎症を起こしていることもあります。

治療
抜歯する



見た目はなんともなかったり、小さな穴だったりしても、歯の中でむし歯が大きくひろがっていることもあります。
その時・その方のお口の状況などによって、治療方法も異なってきます。
症状が出てからの処置になると、治療時間・治療期間が長くなり、患者さんのストレスや負担も出てきてしまいます



むし歯や歯ぐきの治療が終わったあとも、安定した状態を維持していくために定期的なチェックの継続をおすすめします

BY 歯科衛生士 


※使用している画像の無断転載はご遠慮下さい
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。