スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯ブラシ選びのポイント(^皿^)¶★☆

薬局やスーパーなどのデンタルグッズのコーナーには、さまざまな種類の歯ブラシが並んでいますね

たくさんの歯ブラシの中から、どれを選べばいいか迷ったことはありませんか??


NEKO.jpg


今回は、歯ブラシの選び方のポイントを簡単にご紹介します


まず基本的に

年齢
歯並び
お口の大きさ


に合ったものを選びましょう
歯ブラシは大きすぎても小さすぎても、清掃効果は低くなってしまいます



歯ブラシの毛
毛の材質には、動物の毛やナイロンなどがあります
現在市販されているほとんどの歯ブラシはナイロン製です
動物の毛に関しては、毛の成分にたんぱく質が含まれるためお口の中の菌がつきやすく、さらに繁殖もしてしまうため衛生面上よくありません



毛のかたさ
歯ブラシの毛には一般的に、「かため」「ふつう」「やわらかめ」があります
歯や歯肉の状態に合わせて選ぶのが良いでしょう。

※市販の歯ブラシの「ふつう」は、ややかためのものが多いようです
 かための歯ブラシで一生懸命みがくと、歯や歯肉を傷つける原因になります
 また、やわらかすぎると歯の汚れ(プラーク)が落としにくくなります




ブラシ(ヘッド)の大きさ
歯ブラシのブラシ部分は小さめのものを選ぶとよいでしょう
あまり大きすぎると、細かいところまで届きにくくなります
形状は、丸みがあるものよりは細いタイプのほうが小回りがききます



柄(持ち手の部分)
柄の部分も、さまざまな形状のものがあります
持ちやすさは人それぞれですが、カーブなどの付いていないストレートタイプのものが使いやすいようです




いくつかポイントをご紹介しましたが、やはりお口の中の状態は人それぞれです
どんな歯ブラシがご自身に合うかどうかわからないときは、歯科医院で衛生士に相談してみるとよいでしょう


また、歯ブラシの毛先がひろがってきたら交換時期です!
ヘッドの部分を裏側から見てみましょう。


BY 歯科衛生士 T
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。