スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠中の歯科治療 U^Ι^U♪

妊娠中は、ホルモンバランスの変化やつわりの影響で、お口の中の健康を保ちにくい状態になります
そのため、お口の中の状態を歯科医院でチェックすることがより重要です


基本的には妊娠中でも歯の治療は受けられますが…


妊娠初期(~4か月)

赤ちゃんのからだがつくられるとても大切な時期です
原則として、治療は避ける時期となります
痛みのある場合は、応急処置程度にとどめます


妊娠中期(5か月~7か月)
いわゆる「安定期」ですので、赤ちゃん・お母さんへの負担が最も軽い時期です。
この時期が治療に適しているといえるでしょう



妊娠後期(8か月~10か月)

仰向けの姿勢は、お母さんへの負担が心配されます
治療は可能ですが、なるべくなら避けた方が無難かと思われます。


妊娠中期であればレントゲンの撮影は可能ではあります。
しかしやはり、できるだけレントゲン撮影は避けるに越したことはないでしょう。
治療上どうしても必要な際に限り、妊娠4か月以降の安定期に、防御エプロンを使用して撮影することもあります。


麻酔や飲み薬(痛み止め・抗生物質)に関しては、胎盤を通して胎児に取り込まれる心配はほとんどないといわれています。
しかし、赤ちゃん・お母さんのからだのことを考えると、薬剤の使用も最小限あるいは使用しない方がより安心かもしれません。

※抗生物質に関しては、妊娠8週以内は避けたほうがよいでしょう。
 


妊娠中の治療やクリーニングをご希望の際は、

まず
妊娠していること
妊娠週数
出産予定日
  
 …を必ず告げましょう

そして、ご自身のお口の中の状態を知った上で、歯科医師と治療の時期や期間などを相談していきましょう



赤ちゃんのためにも、お母さんのからだの健康はもちろん、お口の中の健康を維持していくことも大切です。
バランスのよい食事を摂り、常にお口の中を清潔に保ちましょう


BY 歯科衛生士 T
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。