スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親知らずがはえてきた!!! (°Д°)≫

奥歯のあたりがムズムズするなあ…
時々奥歯のまわりの歯ぐきが痛いかも?


親知らず むずむず




…と思っていたら、親知らずがはえてきた!
抜いたほうがいいのかもしれないけど、怖い!

とお考えの方は少なくないと思います。


ですが、「親知らず=必ず抜歯をする」というわけではありません。
親知らずがあることによって、

お口の中に問題が起きている時、

または問題が起きる可能性が高い時

に抜歯を検討するようになります。



例えば……

親知らずの周りの歯ぐきの腫れ・痛みを頻繁に起こすとき
親知らず 歯ぐきの腫れ
中途半端に生えている親知らずの周囲は、汚れがたまりやすい状態です。
汚れ=ばい菌 ですので、歯ぐきに炎症を起こしやすくなります。
短期間に腫れや痛みを繰り返すときは、抜歯をしたほうがよさそうですね。

※痛みがある場合は親知らず周囲のばい菌を洗浄したり、お薬を使ったりして痛みを落ち着けてから抜歯をすることがほとんどです。







親知らずやその手前の歯がむし歯になっている(なりやすい)とき
親知らず むし歯

ばい菌がたまりやすい→むし歯のリスクが高くなります。
親知らずのむし歯が大きく、むし歯自体の治療が困難な場合には抜歯を考えます。
親知らずがむし歯ではなくても、手前の歯に悪い影響を及ぼす場合は、その歯を守るために親知らずを抜歯するときがあります。






歯並びに影響がでるとき
親知らず 押される

親知らずは生えてくるスペースが足りないと、他の歯を押して出てくるときがあるため、歯並びを乱してしまうことがあるようです。
歯並びを守るために親知らずを抜くこともあります。







歯ぐきを噛んでしまうとき
親知らず 歯ぐきを噛んでしまう

上か下、片方しか生えていない場合です。
まっすぐ生えてきたとしてもかみ合わせる歯がない場合には、奥歯の後ろの歯ぐきを噛んで、炎症を起こすことがあります。
何回も噛んでしまうときは抜歯を検討しましょう。





…などなど、
理由は様々です。

親知らずが生えてきても、お口の中や日常生活に支障をきたさなければ基本的に抜歯の必要はないでしょう

ただし
親知らずの状態は時間の経過と共に少しずつ変化します

痛みが出たり、気になる症状があれば早めに歯医者さんでのチェックを受けて、確認することが大切です


BY 歯科衛生士 T


ブログの更新がかなり遅くなってしまいましたが、来年もどうぞよろしくお願い致します
皆様、よいお年をお迎えください
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。