スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯の着色・変色`m(゜Д゜)m´´

CMなどでもよく耳にする「ステイン」これは単純にいえば歯の着色汚れです
ステインは、市販の専用歯みがき粉でも完全には落とせません

歯の着色・変色についてはさまざまな原因が考えられます
また、もとの歯の色(その方の理想とする歯の色)にできる場合とできない場合があります

基本的に、着色であれば歯科専用の機械などを使って落とせる場合がほとんどです
歯そのものの変色に関しては、残念ながら歯ブラシや機械を使っても色は変わらないので、他の手だてが必要になります。(ホワイトニング、ホワイトコート・・・etc.)

buta.jpg



クリーニングで落とせる「着色」「歯石」

茶しぶ・たばこ・コーヒー・紅茶などの着色汚れ(=ステイン)
食べ物・飲み物・喫煙による歯への着色は、摂取する量が多ければ多いほど歯の表面にそれらの色素が沈着します
ステインそのものはむし歯や歯周病の直接の原因にはなりませんが、見た目の問題・ザラつきなどが気になるかと思います
これらは歯ブラシではほとんど落とせませんが、歯科専用の機械で落とすことができます

※たばこのヤニに関しては、付着が多い場合完全に除去できないことがあります


歯石の付着
歯石は、みがき残したばい菌が唾液中のカルシウム成分によって固まってしまったものです
歯科専用の機械でないと、除去することはできません







クリーニングでは落とせない「変色」

加齢
年齢を重ねるに従い、歯の表面のエナメル質は加齢とともに透き通り、中の象牙質がよく見えるようになり、歯が黄色っぽく見えます
また、エナメル質の表面に細いヒビが入り、そこに食物などの色が沈着して茶色い線が入ることもあります加齢とともに自然に起こる症状でもあるようです


歯の神経が死んでいる、または歯の神経をとった
むし歯や打撲などが原因で神経がダメになってしまった場合は、残念ながら神経をとる必要があります
神経を取る場合、歯に栄養を送るための血管も取らざるを得ないため、内側から徐々に茶色くなってきます




その他、変色の原因としては
妊娠中や子供の時に飲んだお薬(テトラサイクリン系の抗生物質)の副作用
エナメル質形成不全
  …歯の表面の硬い組織「エナメル質」が弱いorまったくない(原因ははっきりしていません)
むし歯になっている
歯がすり減って、中の組織が見えている




要因はさまざまですが、ご自身の歯の色が気になるときは歯科医院で相談するとよいでしょう


BY 歯科衛生士 T 

(´〇`)ご存じですか??口腔アレルギー症候群(°Д゜)

口腔アレルギー症候群とは

近年、果物や野菜を摂取することによってお口の中に何らかの症状(かゆみ・腫れ・のどのイガイガ感…などなど)が出る症例が多く報告されてきているようです

くだものrinngo.gifmeron.gifmomo.gifsuika.gifbanana.gif


ひどい場合は、

じんましん
目や鼻のかゆみ
吐き気
腹痛や下痢
気管支喘息の発作
アナフィラキシー

などの症状も起こしてしまいます


基本的には、原因となるものが粘膜に直接触れることで生じるアレルギー反応です




原因となる食べ物(代表的なもの)

バラ科の果物(リンゴ、モモ、ナシ、イチゴ、サクランボ)
ウリ科の植物(メロン、スイカ)
バナナ
ジャガイモ

などがあげられます


これらの原因食品は花粉症の花粉と交差抗原性(アレルギーの原因となる物質が共通して含まれていること)があるため、カバノキ科やブナ科の花粉症の患者さんで症状がみられることが多いともいわれています

果物や野菜以外では、卵や牛乳・小麦などの食物・ダニ・ペット・花粉 などもあげられます

なお、果物のアレルギーがある人の場合、ラテックス(ゴム)にもアレルギーを起こすこともあるようです
職業上ゴム手袋を用いるときは注意が必要と考えられます





対策
原因と考えられる食べ物の摂取を避けることが最も大切です
まずは、アレルギー症状を起こす原因を見つけることから始まります
何か果物(野菜)を食べた時にお口の中に違和感が生じたら、何を食べたことによって症状が出たか覚えておきましょう

また、遺伝性も報告されているので、ご家族の中で食物アレルギーの方がいないか知っておくとよいでしょう



口腔アレルギーの疑いがある場合は、専門医(アレルギー科・耳鼻咽喉科)を受診しましょう


BY 歯科衛生士 T 

力いっぱい歯をみがいていませんか?? 〆(`皿´)≡3

毎日の歯みがきは、むし歯・歯周病の予防のために欠かせないものであることは、
じゅうぶんご存じだと思います

ですが…
頑張ってみがきすぎてはいませんか?
力いっぱい磨く



力いっぱいみがく = 効率よく歯の汚れを落とせる
ものではありません。


力いっぱいみがくと・・・↓

WSD.jpg


上の絵のように、歯の表面(歯と歯ぐきの境目に近い部分)がすり減ってしまいます
こうなると、冷たいものがしみるなどの症状が出てしまうことがあります知覚過敏

そういった部分には、歯科用のプラスチック(レジン)で表面をカバーすることが一般的な処置です。


新しい歯ブラシの毛先が1~2週間で開いてしまう方は、力加減に要注意です


※なるべく、しみたりなどの症状が出る前に処置をしたほうがよいでしょう
症状が出た後では、表面をカバーしてもなかなか症状がおさまらないことがあります
歯みがき粉の中に含まれる研磨剤成分によってすり減ることもあるともいわれていますが、最近の歯みがき粉は研磨剤の成分が少ないもの・含まれていないものも多いようです


BY 歯科衛生士 


※使用している画像の無断転載はご遠慮下さい

▼むし歯の進行(´Д゜)▼▼

今回は、むし歯の進行・治療についてをかんたんにご紹介します

CO(シーオー)
いわゆる「要観察歯」です。
歯の表面のエナメル質が、むし歯のばい菌によって溶かされている状態です。


CO.jpg


症状
無症状であることがほとんどです。

見た目の変化としては、
かみ合わせの溝の部分が黒(茶色)くなっている
歯の表面が白く濁っている
などです。
穴があいていなければ、削ってつめたりなどの必要はありません。

治療
フィッシャーシーラント、フッ素塗布 etc.




C1
むし歯が歯の表面のエナメル質の範囲内のものです。
残念ながら穴があいてしまっているものの、むし歯としては初期の段階です。


C1.jpg


症状
ときどき冷たいものがしみたり、まったく症状がなかったり…

治療
フッ素で経過観察
むし歯のばい菌をきれいにしてから、歯科用のプラスチック(コンポジットレジン)で穴をふさぐ
※原則的にC1はフッ素塗布で経過観察ですが、むし歯のできた場所や範囲によっては治療が必要となります。



C2
むし歯が歯の中の象牙質まで進んでしまったものです。
象牙質は、エナメル質の下にある組織で、少しやわらかい部分です。

C2.jpg


症状
冷たいものがしみたり、痛みを感じることもあります。

治療
むし歯のばい菌をきれいにしてから、歯科用のプラスチック(コンポジットレジン)で穴をふさぐ
※治療中、しみるときは必要に応じて麻酔を使います。
範囲が広い場合など、状況次第では型をとって銀歯をつめることもあります。




C3
むし歯が進行して、歯髄(歯の神経)まで達してしまったものです。


C3.jpg


症状
冷たいものだけでなく温かいものがしみる
夜眠れないほどズキズキと強い痛みが出る  etc.

治療
むし歯の部分をきれいにする→根の治療(神経をとる)→プラスチックをつめて、型をとる→金属の歯(銀歯)をかぶせる
※根の治療…神経にまで達したむし歯のばい菌を、何回か消毒します。



C4
むし歯がさらに進行して、歯の頭の部分(歯冠部)が崩壊して根だけ残った状態です。

C4.jpg



症状
神経がダメになってしまっているため、痛みなどの症状が比較的落ち着いていることが多いようです。
根の先で炎症を起こしていることもあります。

治療
抜歯する



見た目はなんともなかったり、小さな穴だったりしても、歯の中でむし歯が大きくひろがっていることもあります。
その時・その方のお口の状況などによって、治療方法も異なってきます。
症状が出てからの処置になると、治療時間・治療期間が長くなり、患者さんのストレスや負担も出てきてしまいます



むし歯や歯ぐきの治療が終わったあとも、安定した状態を維持していくために定期的なチェックの継続をおすすめします

BY 歯科衛生士 


※使用している画像の無断転載はご遠慮下さい

(゜О゜)お口のにおいについて…(´口`)

普段の生活の中で、ふと「お口のにおい」が気になるときはありませんか?

baby08[1]baby03[1]baby04[1]baby09[1]baby06[1]



お口のにおい(口臭)の原因は、大きくわけると3つになります。

①食べ物や飲み物などが原因の場合
アルコールやにんにくなどは、消化・吸収された後でも血液中に溶け出します。
それが肺から呼気に溶け込んで、においの原因となります
ご存じの通り、こちらは一時的なものなので時間の経過とともに落ち着いてきます
市販のガムやタブレットなどの使用でにおいの程度を軽減させることもできます


②お口の中に原因がある場合
口臭の原因のほとんどは、お口の中の細菌が原因といわれています
お口の中にはむし歯菌や歯周病菌など、数多くの細菌が存在します
この細菌の働きによってにおいの成分(VSC)が発生します

むし歯や歯肉の炎症の悪化(歯周病)も、口臭の発生に深くかかわってきます


③全身状態に原因がある場合
糖尿病や肝臓の疾患、鼻や肺の疾患、胃などの疾患の影響でも口臭の原因となることがあります。
この場合は、全身疾患の治療が必要になる場合もあります。


唾液の分泌量も、口臭とは密接な関係にあります
唾液には洗浄・抗菌作用があります
細菌をある程度洗い流してくれる唾液の分泌量が少ないと、お口の中の細菌の量が増えてしまうため、口臭を強く感じたりします

日常生活で緊張して口の中が乾いたりする場面では口臭が強くなります
寝ている間は唾液の分泌が減少するため、朝起きたとき口臭を感じやすくなります。

また、飲んでいるお薬の副作用によって唾液の分泌量が減少してしまうこともあります

まずは、毎日のブラッシング・歯科での定期的なクリーニングを行って、お口の中の環境を清潔な状態に保つことが大切です


BY 歯科衛生士 T
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。